小池百合子都知事が「希望の党」を結成

今度行われる衆議院選挙の台風の目になるのでしょうか。

小池百合子都知事が新たに「希望の党」を結成し、

来月の衆議院選挙に臨むことが明らかになりましたね。

しかも、これまで若狭勝議員と細野豪志議員が議論を重ねていたのに、

全てリセットして考えて、自分が代表になって党の顔になるとか。

せっかく若狭議員が細野議員と話し合っていたのに

今までの議論は何だったんだろうという感じですね。

若狭議員のインタビューの時に悲しそうな表情が

何だかちょっぴり可哀想に思えてきました。

でも、どの道発信力のある小池百合子都知事が党の顔にならないと、

今度の選挙を戦えないのは目に見ていますからね。

おそらく、思い通りには2人の話し合いが進んでいないことに

小池百合子都知事はしびれを切らしたんでしょう。

それにしても、本当に小池百合子都知事ってヤリ手ですね。

小池百合子都知事が安倍首相よりも先に結党宣言をすることで、

安倍首相の解散表明を潰すというか、インパクトが薄れちゃいましたね。

結党宣言してすぐにまず会ったのも小泉純一郎ですからね。

さらに、首相にするなら誰が良いという質問に、

公明党の山口那津男代表と発言したのには驚きました。

極めつけは、民進党も合流することになったということ。

民進党は、解党して個別に「希望の党」に

合流するんじゃないかと言われています。

わずか2~3日の間で、一気に安倍首相対小池百合子都知事

とった構図を作り上げたわけですからスゴすぎです。

小池劇場が幕を開けた感じですね。

しかも、もっと驚くような展開が待っているとう評論家もいます。

それは、小池百合子都知事が、知事を辞めて衆議院選挙に

出馬するというウルトラCがあるかもしれないと言うんです。

小池百合子都知事が、いつかは総理大臣になりたい

と思っているのは間違いないでしょう。

ここで勝負に出れば、大きな小池旋風も巻き起こるかもしれません。

ただ、世間の反対特に東京都民の反対もありそうなので、

さすがに知事を辞めてまでの出馬はないんじゃないかと思います。

今の都知事の職を放棄する形になっちゃいますからね。

1票を投じた都民の理解は得られないんじゃないでしょうか。

まあ、都知事の立場で国政に意見をすることはできますから、

都知事を辞めてまで出馬する必要はないと思います。

知事をしながら代表のお仕事をすることは大変なので、

都知事の職に専念した方が良いとは思うのですが・・・

今後、どんな展開になっていくか注目ですね。