日本ハムのバースがメジャー復帰希望で退団

2016年の日本シリーズで広島の強力打線を抑えて日本一に貢献した

日本ハムのアンソニー・バース投手が退団することが決定しましたね。

正直、あれだけ日本シリーズで活躍していたから

てっきり来年もファイターズでプレイするものだと思っていました。

どうやらメジャーへ復帰したいという気持ちが強かったみたいです。

まあ、日本ハムに来るまではメジャーでも実践があったみたいだから、

日本一になったのを区切りに、もう一度挑戦したかったんでしょうね。

プロ野球選手ならメジャーの大舞台で投げてみたいと思うのは当然です。

結局、日本ハムに在籍したのは今年の1年だけだったけど、

37試合で、8勝8敗6ホールド、防御率3.65という成績を残しました。

日本シリーズでは中継ぎとして投げていましたが、

今シーズンは中継ぎだけでなく、先発でも14試合投げるフル回転でした。

そして、広島カープとの日本シリーズでは5試合に登板して3勝をマーク。

この3勝は6試合シリーズでは最多タイの記録で、

全てが救援での勝利となると、日本シリーズ史上初だそうです。

この活躍もあって最優秀賞に選出されましたが、

個人的には、影のMVPはバース投手だったんじゃないかと思います。

バース投手は、退団が決定した11月15日にツイッターで、

来年はアメリカに戻ってメジャーに復帰したいと綴っています。

また、今年日本ハムで投げる機会を与えていただいたことに感謝しており、

日本ハムのことが大好きだったとも綴られていました。

球団やファンへの感謝の気持ちを忘れない人間性も

日本球界に順応して活躍できる要因の一つだったんじゃないでしょうか。

バース投手だったらメジャーに復帰しても、

日本シリーズのようなピッチングができれば大丈夫でしょう。

バース投手の日本シリーズでの圧巻のピッチングは、

一生全ての日本ハムファンの心に深く刻まれていると思います。

来年はどこのチームでプレイしているかまだわかりませんが、

どこに移籍してもバース投手が活躍することを願うばかりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です